予防歯科で健やかなお口に。北浦和の歯医者「よしはら歯科クリニック」

予防歯科

歯の健康を守るには、予防が何より重要です

歯は、虫歯などの治療のために削ってしまうと元通りに戻すことはできません。どんなによい詰め物や被せ物などで補っても、機能面や審美性で自然歯に勝るものはありません。自分の歯が一番良いのです。

【6年間に治療行った歯面数】

虫歯や歯周病は、菌による感染症で正しいケアをすれば予防できる病気。毎日の正しいケアで、病気からお口の環境を守っていきましょう。北浦和の歯医者「よしはら歯科クリニック」では、患者様のお口の健康を守るため予防歯科に力をいれています。

「歯」の重要な役割とは

「歯」の重要な役割とは

毎日の食事で何気なく使っている「歯」ですが、実は身体にとって、とても重要な働きになっています。あまり知られていませんが、健康維持はもちろん、発音などにも関わっているのです。歯を虫歯などで失ってから、その大切さに気が付くのでは遅いので、健康な今のうちから意識して予防するようにしましょう。

「歯の」噛む以外の働きとは

「歯の」噛む以外の働きとは

「歯科衛生士」が予防のお手伝いをいたします

「歯科衛生士」が予防のお手伝いをいたします

患者様ご自身で毎日ブラッシングやフロスケアを行っても、すべての汚れを取り切ることはなかなかできません。だからこそ、歯科医院での定期的なメインテナンスが必要となってくるのです。歯科衛生士によるプロの手を借りてしっかりと予防し、さらにお口の異常があれば早期に発見・治療することができます。

予防メニュー

「よしはら歯科クリニック」で行っている予防メニューをご紹介いたします。

定期検診

定期検診

歯の痛み、歯ぐきの腫れなどを感じていなくても、定期的に歯医者でチェックを受けることで、初期虫歯などのトラブルを早期発見・治療することができます。当クリニックでは、検診後に歯のクリーニングも行っています。

フッ素塗布

フッ素塗布

虫歯予防に効果のある「フッ素」を、歯の表面に塗ることで、歯の再石灰化を促進し、歯質を強化させます。初期虫歯であれば自然に治るケースもあります。子どもの歯だけでなく、大人の歯でも十分に効果が得られますが、予防効果持続させるために定期的な塗布が必要です。当クリニックでは、小学生以下のお子様へ無料でフッ素塗布を行っています。3ヶ月に1回程度、クリーニングとフッ素治療を行うのが理想です。

PMTC(専門の器具を使ったクリーニング)

PMTC(専門の器具を使ったクリーニング)

医師や歯科衛生士が行うクリーニングをPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)といいます。専用の器具を使用し、歯に付いた汚れをしっかりと落とし、再付着防止のために歯の表面を磨く処置です。口臭や歯の黄ばみを改善する効果もあります。痛みもありませんのでご安心ください。

スケーリング、ルートプレーニング

スケーリング、ルートプレーニング

通常のブラッシングでは落としきれない歯石(プラーク)を落とす処置です。歯石を取り除くスケーラーと呼ばれる器具を使い、部位や付着状況に応じた除去(スケーリング)を行ないます。スケーリングでは取りきることができない、歯ぐきの奥深くにある歯石を取り除いたり、歯石が再付着しにくくなるように歯の表面を滑らかにする処置をルートプレーニングといいます。

シーラント

ブラッシングしにくい奥歯の溝をシーラントと呼ばれるレジンで塞ぐ処置です。奥歯の噛み合わせた面にできる虫歯を予防でき、生え始めの永久歯や乳歯に対して有効な予防処置です。

《削ってしまった歯は戻ってきません》

「虫歯になっていないのに、歯医者にメインテナンスに行くのは面倒」というお考えの方もいらっしゃるかもしれません。しかし、痛みや腫れといった症状があらわれてから来院される頃には、かなり進行してしまっている状態です。

削ったり抜いたりした歯は、もう元通りに戻すことはできません。治療によって健康な口腔内環境を取り戻せたとしても、その状態を患者様お一人の力でいつまでもキープし続けることは容易なことではないのです。

また、歯も病気になれば、治療費や通院という様々な負担がかかってしまいます。当クリニックでは「なるべく抜かない、削らない、痛くない治療」をコンセプトに、患者様が健やかな口腔内環境を維持できるようサポートをしています。中でも、「予防歯科」に重点を置き、お口の病気にかかる前に未然に防ぐことの大切さを患者様へご説明しています。

食事、生活スタイル、お口の環境は患者様一人ひとり異なります。口腔のプロである医師や歯科衛生士が、その方に最適な予防処置をご提案しています。できるだけ削らず健康な環境を維持できるように、ぜひ定期検診をご利用ください。