歯列矯正で健康を手に入れる。さいたま市北浦和の「よしはら歯科クリニック」

歯列矯正

美しい歯並びは健康にもつながります

歯並びが悪く、口元にコンプレックスをお持ちではありませんか?歯並びや噛み合わせの乱れは、見た目だけの問題ではありません。歯並びや噛み合わせを整えれば、歯を長持ちさせ、おいしく食事ができるようになり、全身の健康を支えるのです。北浦和の歯医者「よしはら歯科クリニック」では、歯並びを整え、正しい噛み合わせに導く歯列矯正を行っています。歯並びでお悩みでしたら、お気軽に当クリニックまでご相談ください。

子どもの矯正

子どもの矯正

子どものうちに歯列矯正を始めるメリットは、成長を利用して治療ができるということです。たとえば顎の成長を正しく導く治療ができるのは、子どものときだけです。顎が小さく歯が並ぶスペースが少ないことが、子どもの歯並びが乱れる一因ですが、成長期なら顎の成長を正しく導くことで歯並びを治すことができるのです。そうすることで、大人になってから矯正治療を始めるよりも抜歯のリスクが少なくてすみます。また乳歯から永久歯に生え替わるのを見守りながら、正常な噛み合わせに導く治療も行うことができます。

当クリニックでは子どもの歯列矯正にも力を入れています。お子さまの歯並びが気になりだしたらお早めに当クリニックまでご相談ください。矯正治療を始める最適なタイミングを診察いたします。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

歯科医院で歯型をとり、透明なマウスピースを作製します。マウスピースを毎日一定時間装着し、歯を正しい位置に移動させます。マウスピースは、数段階に分けて作製し、交換します。取り外して食事やブラッシングができ、透明なため目立たず矯正できます。

歯列矯正の見た目だけではないメリットとは?

メリット1:虫歯・歯周病予防になります
歯ブラシがすみずみまで行き届くので、ブラッシングがしやすくなり、虫歯や歯周病の予防に有効です。
メリット2:食べ物の消化吸収が良くなるく
食べものをしっかり咀嚼(そしゃく)できるので、消化吸収が良くなり、胃腸の負担が軽減します。
メリット3:歯が長持ちします
歯のバランスが整い、噛む力が均一になるので、結果として歯が長持ちします。
メリット4:歯の治療がしやすくなります
歯並びが乱れていると虫歯治療も難しいことがありますが、歯が整えば治療しやすくなります。
メリット5:顎関節を守ります
歯並びが乱れていると、噛むたびに一部の顎の骨や関節に負担をかかり、顎関節症になるリスクがあります。歯並びが整うことで顎への負担も減り、顎関節にかかりにくくなります。
メリット6:全身のトラブルを改善します
歯並びの乱れが顎や顔のゆがみを生み、肩こりや頭痛などのトラブルを起こすことがあります。歯のバランスが整うことで、そういった全身のトラブルが改善されます。

歯並びに良くない癖に気をつけましょう

大人の矯正

歯並びが乱れる原因は、生まれつきの骨格や遺伝だけでなく、生活習慣によるものもあります。もしもお子様の口元に次のような癖が見られる場合は、できるだけ早くやめさせるようにしましょう。

ほおづえをつく

ほおづえは頭の重さがすべて顎にかかり、下顎の発育をさまたげます。とくに成長期は顎に負担がかかる状態が続くことで歯並びが乱れることがあります。

唇を噛む

常に唇を噛む癖があると、口元の動きが不自然になります。顎の発育にも悪影響を及ぼすので注意してあげましょう。

指をしゃぶる

指をしゃぶる行為は、上下の前歯にとても負担をかけています。例えば、奥歯を噛み合わせると上下の前歯同士が当たらず開いてしまう「開咬(かいこう)」や「出っ歯」といった歯列の乱れが生じることがあります。

口呼吸をする

口呼吸は、顎が下がることで舌の位置も下がってしまい、上顎の成長をさまたげる原因になります。これが歯並びにも影響すると考えられています。また、常に乾燥している口腔内は細菌が繁殖しやすい環境ですので、虫歯や歯周病のリスクも高まります。耳鼻科を受診するなど、口呼吸をしてしまっている原因を根本から治すことが有効です。

舌癖(ぜつへき)

「舌癖」とは、前歯を舌で押す、飲み込む時に舌を前に押す、無意識に上下の歯と歯の間から舌が出ているといった舌の癖です。歯並びが乱れるだけでなく、発音にも悪影響を及ぼします。

爪を噛む

日常的に爪のような硬いものを噛む行為は、歯や歯ぐきに負担をかけ、歯並びを乱します。また、衛生面でも身体によくありません。

歯ぎしりをする

無意識にやってしまっている歯ぎしりは、歯や顎に多大な負担をかけています。上下の歯がすり減ってしまうだけでなく、噛み合わせに悪影響を及ぼし、出っ歯の原因になることもあります。

食べ物を丸飲みする

歯や顎は、しっかり噛むことによって成長します。食べ物を丸飲みする行為は、噛む力が顎に伝わらないため、歯や顎の成長をさまたげる原因に。また、胃に負担がかかり、栄養の吸収もさまたげてしまいます。

やわらかいものばかり好んで食べる

やわらかい食べ物は、必然的に噛む回数が減ります。すると顎に刺激が伝わらないために筋肉が十分に発育しない可能性があるのです。その結果、歯が正しく生えてこないケースがあります。